ISO22000

ISO22000とは

食品の安全性は、今や最も消費者の関心が高い情報です。食品関連企業では、食品の安全性に最善の注意を払っています。それでも、昨今の報道では連日、新たな病原菌の発生や管理体制の問題に関する情報が飛び交っています。

たった一度の問題が企業の信用を揺るがしかねない現在、メーカーは「不良品を外に出さない検査体制」だけではなく、「不良品を作らない生産工程」「万が一の時に迅速に適切な対応を行える体制」をつくりあげる必要があります。

食品の安全性を高めるための活動は、一部の人々の努力ではなく、原料の生産から消費者の口に入るまで、フードチェーンに関連する全ての組織が協調して取り組まなければならない課題です。

「ISO22000食品安全マネジメントシステム -フードチェーンの組織に対する要求事項-」は、これらの点を重視した組織のあり方を示すと共に、第三者からの審査を可能にする食品安全マネジメントシステム(FSMS)規格として作成されました。

この規格に基づく認証は、食品の安全性に対する組織の努力を広く内外に表明し、組織の信頼を高めるために役立ちます。

ISO22000の構成

「ISO22000食品安全マネジメントシステム-フードチェーンの組織に対する要求事項-」は、構成上は他のマネジメントシステム規格(ISO9001など)と類似の形態で、いわゆるPDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)による継続的改善を目指しています。経営者の責任や要員の力量管理など、各要求事項の考え方は、他のマネジメントシステム規格と類似点が多く、システムの構築・運用においては既に構築されたシステムを活用することができます。

この規格のポイントは、既に世界各国で食品安全管理の手法として採用されているHACCPの考え方を取り入れたことです。HACCPは、食品を作り上げる工程の中で、殺菌や包装など食品安全上重要な工程を決め、「その作業を基準や手順に従って間違いなく行えば問題は起こらない」管理方法を科学的根拠に基づいて設定し、間違いなく行っていることを監視することで、不良品を作らない管理体制とすることを目的とした手法です。 「品質は工程で作り込む」という考え方を食品産業に特化して強化したものと言えます。

また、HACCPが効果的に運用されるために必要な基本的衛生管理事項(一般的衛生管理プログラム/前提条件プログラム)の管理も要求事項として取り込み、経営者を巻き込んで継続的改善を求めるマネジメントシステムとして構成されています。 さらに、万が一問題が起こった際、適時適切に緊急時対応を行える体制を作り上げることも重要なポイントです。

ISO22000は、食品産業の特徴と重要性をふまえた食品安全マネジメントシステム規格です。

ISO22000の適用範囲

食品の安全性は、食品メーカーだけに課せられた課題でしょうか?食品が消費者の口に入るまでには、様々な組織、様々な工程が関与します。農場・漁場、一次加工・二次加工、保管・輸送、卸売り・小売りといった、食品あるいはその原材料を直接扱う組織に加え、保存料や炭酸ガスなど添加物の製造業者、食品加工機械の製造業者、冷凍空調機器の製造業者なども、フードチェーンの中に含まれると考えられます。これらの組織が一体となって取り組んで初めて、食品の安全性が確保できるのです。

  • 食品加工業
  • 輸送業、倉庫業(食品を取り扱う場合)
  • 空調設備製造・設置業(食品に関連した設備を取り扱う場合)
  • 農業、畜産業、水産業
  • 卸売・小売業

ISO22000を導入するメリットとは・・・

  • 食品安全ハザードに対するリスク対応力強化

    自身の作業工程の中で、食品安全に関するリスクを明確にし、最小限にするためのルールを決め、実施を監視することにより、問題の発生を未然に防ぐ体制を強化します。

  • 顧客からの信頼性向上・企業イメージの向上

    消費者の関心が高い食品安全に関する審査登録は、顧客からの信頼性を向上するとともに、一般消費者からの企業イメージも向上します。

  • ベースとなる衛生管理意識の向上と運用の活性化

    衛生管理上必要な項目を明確にすると共に、第三者の目が入ることでさらなる衛生管理意識の向上が期待されます。

  • HACCPシステムの効果的運用

    従来のHACCPの運用が、マネジメントとの関連強化によりさらに効果的なものとなります。

  • 食品安全管理と他のマネジメントシステムとの融合への架け橋

    ISO9001/ISO14001など他のマネジメントシステムと類似の構成・要求事項により、食品安全管理を既に存在しているマネジメントシステムと融合しやすくなります。 審査においては、食品安全マネジメントシステム(FSMS)と他のマネジメントシステム(QMS、EMS、OHSMS等)との複合審査が可能です。

  • 国際的な競争力向上・信頼感強化の手段として活用できる

    国際規格に基づく審査登録であることから、海外に向けても企業の品質マネジメントシステムを強くアピールすることができ、企業の国際戦略の一つとして活用することができます。