ISO14001

ISO14001とは

ISO14001は、「企業がどの程度環境に配慮した経営を行っているか」を世界共通の規格で見ようとするものです。

この規格の目的は、環境マネジメントシステムの継続的な改善を通じて環境負荷と環境リスクの低減を図るもので、汚染物質等の量的規制や環境保全の実施レベルは規定していません。この規格によって環境マネジメントを行う場合、計画・実施・点検・見直しのPDCA(Plan, Do, Check, Action)サイクルで、継続的にシステムを改善していくことになります。

ISO14001の認証を取得しようとする企業は、環境マネジメントシステムが規格に適合しているか、システムが適切に実施・運用・維持されているかについて、第三者審査登録機関の審査を受ける必要があります。

ISO14001の歴史

地球環境問題の深刻化から、1992年の地球サミット(環境と開発に関する国連会議)において、「環境と開発に関するリオ宣言」と「アジェンダ21」(具体的環境行動計画)が採択され、地球規模の環境保全に対する世界中の関心が集まりました。このような状況の中、ISO(国際標準化機構)は、企業活動に伴う環境影響を継続的に改善していく仕組みとして、環境マネジメントシステムと監査に関する国際規格ISO14000シリーズを作成しました。

ISO14001を導入するメリットとは・・・

  • 事業活動を通じた地球環境保全への貢献

    CO2削減による地球温暖化防止等に寄与することができます。

  • 企業イメージの向上

    株主や供給者との信頼性向上につながります。

  • リサイクル等を通じたコスト削減

    廃棄物処理コストの低減を図ることができます。

  • 環境リスクの回避・低減

    潜在的な環境事故等のリスクを回避することができます。

  • 利害関係者へのアピール

    地域社会等の信頼性向上につながります。

  • 取引条件の有利化

    公共事業等の入札条件を満たすことができます。

  • グリーン調達等への対応

    政府や地方自治体のグリーン調達への対応が図れます。