OHSAS18001

OHSAS18001とは

OHSAS18001は、ISO9001の品質マネジメントシステム、ISO14001の環境マネジメントシステムと同様に、組織が自ら定めた労働安全衛生方針及び目標を達成するための継続的改善を行う「仕組み」で、PDCAサイクルと監査の組合せにより構成されています。異なるところはリスクアセスメントを行い、重要度に応じたリスク管理を計画的に行うことです。

OHSAS18001の必要性

OHSAS18001は、リスクアセスメントを実施し、抽出した危険源を除去又は、低減することにより、従業員の安全を確保するためのマネジメントシステムです。当該マネジメントシステムを実施することにより、従業員の安全衛生はもとより、企業としての社会的責任も高まります。当該マネジメントシステムを単独で取得される場合もありますが、最近は既に取得されたISO9001またはISO14001のマネジメントと統合して取得される場合もあります。

構築・認証のお勧め

  • KHKは、1963年の設立以来、安全管理システムの審査登録機関として豊富な経験と人材があります。
  • KHKは、保安の専門機関としてOHSAS18000シリーズ作成にいち早く参加し、国際的貢献をしております。
  • KHKは、海外の権威あるリスクアセスメントの専門機関との協力関係を有しております。
    KHKはこのような経験と知識を用いて次のような審査登録活動を行います。
  • 労働省指針に準拠したOHSMSの審査登録を実施します。ご要望により、労働省指針とOHSAS18001に基づく複合審査も行います。
  • 品質・環境・労働安全衛生の各マネジメントシステムは共通する基盤の上に立っています。マネジメントシステム構築の低コスト化とマネジメントシステム全体の効率化を図るため、ご要望によりISO9001又はISO14001あるいはISO9001及びISO14001との統合審査・同時認証を行います。

OHSAS18001を導入するメリットとは・・・

  • 重大災害が減少

    重大災害につながる危険源が特定され、改善されるので、重大災害の減少が期待できます。

  • リスクアセスメントの効果

    リスクアセスメントを実施することで、職場内の全員がリスクを知ることができ、予期せぬ災害の減少が期待できます。

  • コスト削減

    重大災害又は予期せぬ災害を減少させることにより、安全衛生に係るコスト削減を図ることが可能です。

  • 安全衛生意識の高揚

    OHSMS推進担当者や内部監査員などが増加することにより、事業所全体の安全意識の高揚を図ることができます。

  • 安全衛生面の引き継ぎ

    事業所の管理層における安全衛生面の引き継ぎ(マネジメントシステム、役割、責任、権限等)を確実に行うことができるようになります。